チャイルド・ファンド・ジャパンとは

団体概要・会計報告・組織図

年に2回の機関紙「SMILES」や1年の活動をまとめた「年次報告書」などを発行しています。

  • 機関紙「SMILES」
  • 年次報告書
  • パンフレット・ポスター
  • アドボカシー(広報・啓発・提言)

機関紙「SMILES」

No.452019年2月

特集格差の中に暮らすチャイルドたち

SMILES表紙

現在のフィリピンは経済成長を続ける国でもあり、同時に、チャイルドたちが暮らす貧しい国でもあります。同じ国の中に、経済的に発展した地域でその恩恵を受ける人々もいれば、発展に取り残された地域で経済的に厳しい生活を強いられている人々もいます。経済的な格差や不平等は、国全体が成長するにつれて大きな社会問題となっています。フィリピンのミンダナオ島に暮らす2名のチャイルドの生活をご紹介しながら、フィリピン国内に残る貧しさと経済的な格差を取りあげています。

No.442018年2月

特集スリランカ 未来にあるたくさんの選択肢

SMILES表紙

チャイルド・ファンド・ジャパンは、2006年からチャイルド・ファンド・インターナショナルと協力してスリランカで支援を行っています。スリランカで支援を受けるチャイルドたちの中には、地域の特殊な理由によって、将来の可能性が狭められてしまっている子どもたちもいます。スポンサーシップ・プログラムは、未来にはたくさんの選択肢があることを子どもたちに気付いてもらい、子どもたち自身が目標を見つけ、それに向かって進んでいく手助けをしています。

No.432018年2月

特集学校に通うために必要な、目に見えない支援

SMILES表紙

フィリピンでは今でも小学校を卒業できずに中退してしまう子どもたちが多くいます。学校に通わなくなる原因は一つではなく、子ども一人ひとりにそれぞれの理由があります。そのため、子どもたちが直面する問題にていねいによりそい、その背景にあった支援を行う必要があります。今回の特集では、小学校1年生の時に留年してしまったロジェリンのストーリーと、飲酒癖のある父親と暮らすロウェナのストーリーをご紹介します。

No.422017年5月

特集ともに歩む スポンサーシップ・プログラムを通じたつながり

SMILES表紙

スポンサーシップ・プログラムで支援を受けるチャイルドがスポンサーの方に感謝の気持ちを抱くのはごく自然なことです。それと同時に、支援する側のスポンサーの皆さまが、「支援ができてよかった」と感謝の気持ちを伝えてくださることも多くあります。それはスポンサーシップ・プログラムが、スポンサーの方とチャイルドのつながりを深める一面をもっているからではないでしょうか。今回はそのつながりのいくつかをご紹介します。

  • 機関紙「SMILES」をすべて見る

年次報告書

2017年度年次報告書

2016年度年次報告書

2015年度年次報告書

2014年度年次報告書

2013年度年次報告書

2012年度年次報告書

2011年度年次報告書

2010年度年次報告書

2009年度年次報告書

2008年度年次報告書

2007年度年次報告書

2006年度年次報告書

団体パンフレット・ポスター・各資料

団体パンフレット

募金パンフレット

スポンサーシップ・プログラム
リーフレット

ポスター(B2)版

遺産・相続財産のご案内

スポンサーハンドブック

被災後の子どものこころのケアの手引き

被災地の親と子どものこころのケア

被災後の子どもの安心のために保育者ができること

歩みをともに

東日本大震災 緊急・復興支援事業 報告書
歩みをともに表紙

ネパール大地震 緊急・復興支援報告書

ネパール大地震1周年 緊急・復興支援報告書

熊本地震への緊急支援 活動報告書

ネパール大地震 緊急・復興支援プロジェクト

アドボカシー(広報・啓発・提言)

Small Voices, Big Dreams
(子どもたちの小さな声 大きな夢)

子どもたちが語る暴力と搾取のない世界

子どもへの暴力 ~その経済的な損失と
影響~(要約版、日本語)

子ども憲章~子どもたちが考えるポスト
2015年の開発課題~(概要、日本語)

IMPLEMENTATION OF THE POST-2015
FRAMEWORK FOR DISASTER RISK REDUCTION
GUIDELINES FOR MEMBER STATES TO
SAFEGUARD CHILDREN'S RIGHTS AND
WELL-BEING(英語)

私たちが目指す世界 子どものための「持続可能な開発目標」

みんなの仙台防災枠組

人道行動における子どもの保護の最低基準

人道行動における子どもの保護の最低基準