ご支援・ご参加方法

企業・団体として支援する

ご支援企業のご紹介

  • 東横イン様
  • SHO-BI株式会社様
  • GMOインターネット様

東横イン様

ホテルチェーンの株式会社東横インは、約250の国内のすべての店舗、関連会社で、
チャイルドを1名ずつご支援くださっています。
また、ホテル館内にポスターの掲示、フロントにパンフレットの設置、
客室専用の月刊誌「たのやく」で記事の掲載など、
様々な方法でスポンサーシップ・プログラムを紹介してくださっています。

支配人の吉谷宏美さんにお話を聞きました。

「毎年、チャイルドにクリスマスカードを送っています。クリスマスの時期になると「今年はどんなカードを送ろうかな」と考えるのが恒例です。チャイルドから届いたお手紙はファイルしてスタッフみんなで回覧しています。スタッフも、チャイルドが成長していく姿を見てとても喜んでいます。東横インの各店舗では、フロントに支援しているチャイルドの写真を飾っています。ご宿泊の際はぜひご覧ください。」

東横INN東西線西葛西では、12年間に渡ってフィリピンの女の子、レジルをご支援いただきました。
レジルは優秀な成績で大学を卒業し、土木技師の試験に合格することができました。

「レジルが土木技師の試験に合格したと聞き、とても驚きました。毎年送られてくる「成長の記録」に載っている身長と体重を見て、とても小柄な女の子だと感じていたので「土木の仕事ができるのかな」と心配になりました。でも、彼女からのお手紙を受け取り、自信に満ちた彼女の文章を読み、安心しました。小学生の頃から努力していたことを知っていたので、土木技師の試験を受ける際に一生けんめい勉強している姿がすぐ目に浮かびました。そして合格後に喜んでいる姿を想像すると胸がいっぱいになります。「レジル、合格おめでとう。よく頑張ったね、今後の活躍もスタッフみんなで応援しているよ」と伝えたいです。レジルちゃんの成長を見守ることができたこと、本当に嬉しく思います。」
レジルのチャイルドストーリーはこちらから

SHO-BI株式会社様

化粧雑貨、服飾雑貨、コンタクトレンズ等の企画から販売までを一貫して行っているSHO-BI株式
会社様は10名のチャイルドをご支援くださっています。

ご担当の清水夢美さんにお話を聞きました。

チャイルドとの交流を希望する社員を募集し、現在10名の社員がお手紙のやりとりを楽しんでいます。以前、お手紙をシールでデコレーションして送った社員がいたのですが、次にチャイルドからお返事が来た際に、それを真似たようなイラストが描かれてきたことがあり、遠く離れた子どもたちと交流していることをあらためて実感しました。写真付きで届く成長記録も楽しみの1つですね。お手紙を始めた頃と比べて、日に日に大人な表情に変わっていく姿をみるのは嬉しくもあり、また親心のようにすこし淋しくも思ったりします。学校での様子や成績を見ることができるので、親になったつもりで成長を見守っています。

チャリティ商品を販売する

インターネット関連事業を行うGMOインターネットグループは、
事業内容を活かし、様々な方法で
チャイルド・ファンド・ジャパンの活動を支えてくださっています。

●ウェブサイトのリニューアル

2015年にチャイルド・ファンド・ジャパンのウェブサイトをリニューアルした際、一部の作業をプロボノとして無償で行ってくださいました。2010年にウェブサイトを改修した際もご協力くださっており、2回めのご協力となります。リニューアル後もサーバーの管理などの運用をご協力いただいています。

●ポイントのご寄付

お小遣いが稼げるポイントサイトのポイントタウンと、GMOとくとくポイントでは、貯まったポイントを寄付することができます。その寄付先をチャイルド・ファンド・ジャパンにご指定していただいており、これまでに多くのご寄付をお送りいただいています。ご寄付は、2013年3月までは東日本大震災への緊急・復興支援のために活用され、それ以降はフィリピンの台風など、自然災害で被災した人々への支援のために活用されています。これまでの活動が以下に掲載されています。
http://point.gmo.jp/consumer/special/bokin/
https://www.pointtown.com/ptu/fund/tohoku.do

●チャリティークーポンの販売

GMOくまポン株式会社が運営する割引クーポン共同購入サイト「くまポン」で、定期的にチャリティクーポンを発売してくださっています。チャリティークーポンは1枚100円で販売され、購入(寄付)すると、GMOインターネット(株)から同額の100円がマッチング(拠出)され、あわせて200円が寄付される仕組みです。ご寄付はスポンサーシップ・プログラムを通して、フィリピンの子どもたちが学校に通うために活用されます。これまでに支援を受けたチャイルドについては、こちらでご報告しています。
http://www.gmo.jp/company-profile/group_activities/kumapon_child/