活動内容・国

スリランカ

スリランカの写真

スリランカ

スリランカでは、2006年より、チャイルド・ファンド・インターナショナルと協力して、
貧困の中で暮らす子どもたちや家族の生活改善に協力しています。
スポンサー(支援者)の方からのご支援により、約330人のチャイルドを支援しています。



※地図上の数字と協力センター名の数字は「センター番号」を表しています。

スリランカの写真
番号 センター名
4049 プッタラム・エリア
4231 ティー・プランテーション・エリア
国名 スリランカ民主社会主義共和国
面積 65,607平方キロメートル(北海道の約0.8倍)
人口 2,071万人
首都 スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
言語 公用語はシンハラ語、タミル語
宗教 仏教徒(70.1%)、ヒンドゥ教徒(12.6%)、イスラム教徒(9.7%)、キリスト教徒(7.6%)他 (一部地域を除く値)他
5歳未満児死亡率 10(出生1,000人あたり。日本は4)
成人の識字率 91%
小学校に入学した児童が最終学年まで残る割合 98%(政府データ)
児童労働 3% (調査の時点で児童労働活動に従事した5~14歳の子どもの割合)
1人あたりのGNI(国民総所得) 3,460米ドル(日本は37,670米ドル)

※データは外務省ホームページ、日本ユニセフ協会発行「世界子供白書2016」などから引用

スリランカに関するブログ記事を読む

チャイルド・ファンドの活動を支えるスタッフ

子どもたちに支援を届けるため、現地事務所のスタッフはより現場に近いところで一生けんめい活動しています。しかし、その役割の大きさに比べて、普段なかなかスポットライトがあたることがありません。今回は、チャイルド・ファンドのス […]

子どもたちの健康な成長を支える栄養改善プログラム

スリランカでチャイルド・ファンドの支援を受ける乳幼児期のチャイルドにとって、栄養不足は大きな課題となっています。経済的に厳しい生活を送っている家庭では、多様な食材を買うことができません。また、調理に関する母親の知識や技術 […]

自分のやりたいことを見つけたアハマッドのストーリー

スリランカのスポンサーシップ・プログラムの特徴の1つは、0歳から24歳までと、幅広い年齢層の子どもたちを支援対象としていることです。栄養改善から職業訓練まで、チャイルドのライフステージにあわせて様々な支援を実施しています […]

  • 全て見る