チャイルド・ファンド・ジャパン

よくあるご質問

よくあるご質問

  • チャイルド・ファンド・ジャパンについて
  • スポンサーシップ・プログラムについて
  • 支援プロジェクトについて
  • 書き損じハガキについて
  • 団体、グループでの支援方法について
  • 寄付金について

チャイルド・ファンド・ジャパンについて

Q1. なぜ法人変更をしたのですか?
チャイルド・ファンド・ジャパンの前身、CCWA国際精神里親運動部は「社会福祉法」に基く事業部でしたが、「社会福祉法」は本来日本の国民 のニーズにこたえる事業を遂行することが主旨であり国際協力が明確に位置付けられていません。そこで国際協力を明記する「特定非営利活動促進法(NPO 法)」に基いて法律的にも適正なNPO法人へ2005年3月より、組織変更をすることになりました。
Q2. 海外にも事務所はありますか?
フィリピンのマニラとネパールのカトマンズに事務所があります。
フィリピン事務所はフィリピン人スタッフが運営しており、13ヵ所のチャイルド・ファンド・ジャパン協力センターとの円滑な連携を図っています。
ネパール事務所では、ネパール人のスタッフが円滑な運営のために努めています。

スポンサーシップ・プログラムについて

Q1. チャイルド・ファンド・ジャパンは、最初の協力国としてなぜフィリピンを選んだのですか?
経済的・歴史的理由からフィリピンを選びました。
経済的な理由:東南アジアの中でも深刻な貧困問題を抱えている国のひとつだからです。大土地所有制が根強く残るフィリピンでは貧富の差が激しく、現在でも子どもたちの3人に1人は小学校を卒業できません。親の出稼ぎによる家庭の崩壊も大きな問題になっており、日本の皆さまからの支援を必要とする子どもたちがたくさんいます。
歴史的な理由:第2次世界大戦中、日本は、フィリピンをはじめとするアジアの国々に大きな被害を与えました。フィリピンでは100万人以上の人々が死んだり傷ついたりしたといわれています。戦争の責任を自覚しつつ、フィリピンとの関係を深めようとしています。
Q2. スポンサーになるのに何か資格がありますか?
何もありません。
どなたでもスポンサーになっていただけます。年齢、宗教など一切問いません。
Q3. もしスポンサーを続けることができなくなった時はどうすればよいでしょうか?
東京事務局までお知らせください。(電話番号:03-3399-8123)
ご支援いただいているチャイルドには、新しいスポンサーの方を紹介します。再開していただける機会がありましたら、いつでもご連絡ください。
Q4. チャイルドはどのように選ばれるのですか?
地域のお父さん・お母さんたちがグループを作り、センタースタッフとの話し合いやアドバイスのもと、各家庭の状況や必要度に応じて子どもを推薦していきます。チャイルド・ファンド・ジャパンから出している基準は学齢児であるということ、家庭の経済状況が一定の基準(貧困線以下30%まで)を下回っていること、そして原則として各家庭ひとりずつ(より幅広く支援するため)です。宗教や人種、信条はまったく問いません。
Q5. チャイルドと交流はできますか?
はい、文通をとおして交流することができます。
チャイルドにとって、スポンサーの方からのお便りは「遠い日本で自分のことを思ってくださる人がいる」という、実感を伴ったよろこびになります。絵はがきやカードにひとこと添えるなど、短いメッセージで結構ですので、ぜひお便りをお書きください。
Q6. スポンサーになったら、手紙を書かなくてはいけませんか?
いいえ。
現在チャイルド・ファンド・ジャパンの約半数のスポンサーの方々は、手紙のやりとりをせずにチャイルドの成長を見守ってくださっています。チャイルドにとっては、スポンサーの存在そのものが大きな心の支えになります。手紙を書けない場合でも、子どもたちを勇気付け、心に希望の光を灯していただくことができます。
Q7. 手紙は、日本語で書いてよいでしょうか?
日本語でお書きください。
英語の翻訳文を添えてチャイルドに送ります。もちろん英語の手紙も歓迎いたします。

支援プロジェクトについて

Q1. 現在プロジェクトを実施している国はどこですか?
フィリピンとネパールで実施しています。
各プロジェクトの詳細につきましては、こちらをご覧ください。
Q2. プロジェクトへの寄付金額は決まっていますか?
金額の設定はございません。ご寄付はいくらからでも構いません。
ホームページからもご寄付いただくことができます。お申込みはこちら

書き損じハガキについて

Q1. 古い(年数の経った)ハガキでも大丈夫ですか?
未投函のハガキであれば、どんなハガキでも受け付けております。
また、切手は未使用の切手のみ受け付けております。

団体、グループでの支援方法について

Q1. 何人かのグループでスポンサーになることもできますか?
できます。
職場の仲間、学校のクラス、教会の委員会、市民グループなどのグループでひとりの子どものスポンサーになれます。その場合、連絡先としてどなたかおひとりをグループの代表者にしてお申し込みいただいています。

寄付金について

Q1. 寄付金控除はできますか?
できます。チャイルド・ファンド・ジャパンは、2009年4月1日付けで、国税庁長官より「認定NPO法人」に認定されています。ご支援くださる皆様には、所得税、法人税、相続税などの税制上の優遇措置を受けていただくことができます。
特に個人の方がチャイルド・ファンド・ジャパンに寄付をした場合、最大で寄付金額の約40%を、所得税から控除できるようになりました。この新しい税額控除方式では一般的に、これまでの所得控除方式より大きな減税効果が見込まれます。
詳しくは寄付金控除についてのページをご確認ください。