活動内容・国

ネパール

ネパールの写真

ネパール

ネパールでは1995年より活動を開始。カトマンズに現地事務所があります。
2010年4月よりスポンサーシップ・プログラムを開始しました。
また、支援プロジェクトも実施しています。
子どもを守るコミュニティ形成プロジェクト(シンドゥパルチョーク郡)
災害に強い学校づくりプロジェクト(シンドゥパルチョーク郡)

※地図上の数字と協力センター名の数字は「センター番号」を表しています。

ネパールの写真
番号 センター名
61 トゥキ・アソシエーション・スンコシ
62 グラミン・マヒラ・スリジャンシル・パリワー
国名 ネパール連邦民主共和国
面積 147,181平方キロメートル(北海道の約1.8倍)
人口 2,851万人
首都 カトマンズ
言語 公用語はネパール語、その他マイティリ語、ボジュプリ語など
宗教 ヒンドゥー教徒(81.3%)、仏教徒(9.0%)、イスラム教徒(4.4%)他
5歳未満児死亡率 36(出生1,000人あたり。日本は3)
成人の識字率 60%
小学校に入学した児童が最終学年まで残る割合 70%(政府データ)
児童労働 37% (調査の時点で児童労働活動に従事した5~14歳の子どもの割合)
1人あたりのGNI(国民総所得) 730米ドル(日本は42,000米ドル)

※データは外務省ホームページ、日本ユニセフ協会発行「世界子供白書2016」などから引用

ネパールに関するブログ記事を読む

災害に強い学校づくりが進んでいます

外務省日本NGO連携無償資金と皆さまからのご支援により、ネパールのシンドゥパルチョーク郡で、「災害に強い学校づくりプロジェクト」を実施しています。支援の一つとして、2015年の大地震で被害を受けた学校で、耐震性の高い校舎 […]

学校運営委員長として、学校の再建を見守るディパックさん

ディパックさんがジャナジャグリティ校の学校運営委員会(SMC)の委員長となったのは2018年11月のことでした。学校運営委員会は教職員や保護者、自治体職員などから構成され、学校の運営方針や予算の決定、備品の管理まで広範か […]

紙芝居による防災教育

ネパールで実施している「災害に強い学校づくりプロジェクト」は、子どもたちや学校の教師が防災の知識を身につけるための支援も行っています。今月、学校の教師たちを対象に、紙芝居を利用した防災教育の研修を開催しました。この研修は […]

  • 全て見る